当院での内視鏡検査について

endoscopic examination

日本人の死因で最も多いのが「がん」です。(2位は心疾患、3位は脳血管疾患) その中でも胃がん、大腸がんは臓器別死亡者数で上位に入ります。

しかし、胃がん、大腸がんは早期がんの段階で治療を行えば高い確率で完全に治すことができるのです。 ただ、早期がんは自覚症状はありませんので、がんが増えてくる40歳以上の方は定期的に検査を受けることが勧められます。

もっと気軽に安心して内視鏡検査を受けていただきたい

内視鏡検査は非常に精度が高く、非常に早期の胃がん、大腸がんを見つけることができます。さらに胃カメラでは胃がんの原因となるピロリ菌感染の有無や、胃がんリスクの高さ(慢性胃炎の進行具合)を判定することができ、大腸カメラではまだ良性の段階でポリープを切除してしまうことが可能で、がんの予防にもつながります。

ただ、内視鏡は苦しい、痛いといったイメージが強いために、早期がんのうちに(自覚症状が出てくる前に)なかなか内視鏡検査を受けてもらえないのが現状です。

内視鏡検査

さらには、検診で異常を指摘されたり、自覚症状があっても、検査が怖くてぎりぎりまで我慢してしまったために手遅れになってしまう人もいます。いくら内視鏡の検査や治療の技術が進歩しても、内視鏡検査を受けてもらわないと意味がありません。

当院では、「カメラは苦しい」「あんな検査は二度と受けたくない」という声をなくし、「カメラは苦しくない」「私も苦しくなかったから、あなたも受けた方がいいよ」という声を増やして胃がん、大腸がんで不幸になる人を減らしたいと考えています。

地域の特性上、車で来院される方が多く、ほとんどの方が鎮痛剤・鎮静剤を使用しませんが、検査中の苦痛はほとんどありませんので一緒に実際の画像を見ながら検査を受けていただいております。ただ、どうしても不安が強い方や、昔受けた手術などの影響で痛みが出そうな方にはご希望によって麻酔下(鎮痛剤・鎮静剤を使用して寝ていただいた状態)での検査もおこなっております。

初めて検査をされる方や一人暮らしの方もご安心ください。

初めての方や一人暮らしの方でも安心して検査を受けていただけるように、検査の準備でわからないことや、検査後に不安なことがある場合は、24時間体制で内視鏡技師が電話での相談をお受けしております。

相談受付

内視鏡システムについて

endoscope system

当院ではオリンパス社製の最新の内視鏡システム(EVIS LUCERA ELITE)を導入しており、総合病院と同等の画質で最先端レベルの内視鏡検査を受けていただけます。

内視鏡は検査ごとに消毒洗浄機(IHI シバウラ社製OED-1000S)で洗浄・消毒し、感染予防にも注意しております

苦痛の少ない経鼻内視鏡(胃カメラ)

スコープは従来のものより大幅に画質が向上した経鼻用極細径スコープ(GIF-XP290N)と、さらに詳細な観察が可能なハイビジョン経口用細径スコープ(GIF-H290)を導入しています。 これまでの経鼻内視鏡は楽ではあるが画質が落ちるためにあまりお勧めはできませんでしたが、新しい経鼻用内視鏡では画質が向上し、十分な観察が可能になりました。

経鼻内視鏡はスコープ径が細いだけではなく、嘔吐反射が起こりにくいルートで挿入することによって楽に検査を受けていただくことができます。また当院の内視鏡システムは(*1)を搭載しており、病変の発見・診断能力がさらに向上しております。特にこれまで困難であった食道がんの発見精度が大幅に向上しました。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

(*1)NBI:狭帯域光観察…特殊なスペクトル幅の狭い光をあてることによって毛細血管や凹凸などを強調して映し出し、微細な病変を確認しやすくなります。

1回の日帰り検査で治療まで(大腸カメラ)

大腸の内視鏡検査には拡大機能を有した細径スコープ(PCF-Q260AZI)を使用し、苦痛のない挿入を行います。病変を発見した場合、表面構造(ピットパターン)を拡大し詳細に観察することによって、その場で良性か悪性か、治療が必要か、内視鏡での切除が可能かどうかを判断します。余分な生検(一部をかじり取って行う組織検査)や治療のためにもう一度内視鏡検査を受ける必要はなく、一回の検査で同時に治療(切除)まで行います。

また、さらに細径のスコープ(PCF-PQ260L)も導入し、これまで癒着や婦人科疾患の為にどうしても痛みを伴っていた方も、ほとんど痛み無く検査を受けていただけるようになりました。

当院での検査実績

inspection results

内視鏡検査件数

年度 総数 各症例の内訳
2014 425件 ・胃内視鏡 277件
・大腸内視鏡 148件
2015 723件 ・胃内視鏡 474件
・大腸内視鏡 249件
2016 987件 ・胃内視鏡 625件
・大腸内視鏡 370件
  • 内視鏡検査に伴う合併症: 0
  • 大腸内視鏡での回盲部到達率: 100%

院長はさらに大阪内視鏡クリニックにて年間約300件の内視鏡検査・治療を行っています。

大腸病変に対する内視鏡切除数(hot biopsy、ポリペクトミー(コールド含む)、EMR)

年度 総数
2014 59件
2015 109件
2016 170件
  • ポリープ切除に伴う合併症:1(ポリペクトミー後出血に対して当院外来にて止血)
  • 入院を伴う合併症:0

当院では20mm程度までのポリープに関しては入院することなく日帰りで内視鏡手術を行っております(20㎜以上でも条件が良ければ積極的に治療を行っております)。安全の為に入院治療が必要と判断した場合や、外科的手術が必要と判断した場合には、適切な病院へ紹介いたします。

トップへ戻る